その他

犬の夜泣き対策グッズを買うか犬小屋の防音タイプをDIY(手作り)か

犬の夜泣き対策グッズや防音犬小屋アイキャッチ画像

どうも「フサフサ頭に毛濃上!」管理人のジョーです。

またまたネットサーフィンをしていて、世の中の困っている出来事を目にしましたよ。

「犬の夜泣き(夜鳴き)」です。

僕自身は夜泣きをしないので、ん?間違った、僕自身は犬を飼っていない(動物は好きなんですがお別れが辛くて)ので夜泣きの大変さに悩まされているわけではありませんけど、かつては犬を飼っていたので十分理解しています。

その時は実家(一軒家で隣の建物から離れている)で飼っていたので、近所迷惑の点ではそれほど気にしなくてよかったのが今思えば救いでしたけど。

でもアパートやマンションタイプのお部屋とか、一軒家だけど閑静な住宅地に住んでいる場合はかなりシビアな問題だなあ、と今さらながら感じましたので

対策に関して調べてみましたよ(困っている人のために<(`^´)>)

犬の夜泣き対策グッズを買うか犬小屋の防音タイプをDIY(手作りまたは購入)か

対策は大きく分けて2通りある感じですね。

夜泣き対策グッズを購入

犬小屋自体を防音にする(DIYまたは購入)

夜泣きをする時期や原因によっても変わってくると思うので、一応夜泣きの原因を簡単に挙げると

寂しい

運動不足

老化による不安

老化による関節炎などの痛み

老化による認知症

とまあこんな原因が考えられるとのことです。

人間のように赤ちゃんの頃だけではないようですね。

夜泣きが発生した時、そばにいてあげたい気持ちになりますが原因によっては「グッと我慢」しないと、「鳴けばかまってくれる」という認識がつき夜泣きが固定されてしまうんですね~

ジレンマです(T_T)

そのジレンマを乗り越えられるよう、夜泣き対策グッズか防音タイプの犬小屋を用意するか自分の犬に合ったものを選びたいですね。

犬の夜泣き対策グッズを買うという選択肢

犬の夜泣き対策グッズもまた大きく分けて2通りありました。

超音波(犬にとって嫌な音)

低周波静電気(首輪から刺激を与える)

犬夜泣き用超音波

(出典:Yahoo!ショッピング)

とか

愛犬の無駄吠えで近所迷惑、睡眠不足になっているなら
無駄吠え防止首輪のしつけくん

とか。

なんか

どっちもちょっとねえ…

と、僕は個人的に感じるんですが、そうは言っても背に腹は代えられない状況もありますしねえ…

実際、毎晩毎晩鳴かれたのでは実が持たないし、近所迷惑になるし。

試してみるのも一つの道かもしれないけど、いずれにしてもメリットとデメリットを知っておくといいですよね。

犬の夜泣き対策グッズのメリット

考えられるメリットとしては

夜泣きがおさまる(かもしれない)

大きな出費ではない(1万円もしない)

労力がかからない(置くだけ、首に巻くだけ)

などがありますね。

取り組むハードルが低いのでお試ししてみる価値はあるかもしれませんね。

犬の夜泣き対策グッズのデメリット

このデメリットも無視できないですよ。

犬の体にどんな影響があるかわからない(心配)

ストレスを与える

このデメリットは大きいと僕は感じるんですがいかがでしょうか。

超音波も低周波も、犬にとって嫌な刺激以外のなにものでもないです。

あとあと違う形で悪い影響が出てくる可能性もあり、う~ん、ベストな対策ではないような。

あ、これはあくまでも僕の個人的な感覚ですけどね。

犬小屋の防音タイプをDIY(手作り)という選択肢

夜泣きの原因にもよるのですが、かまってはいけないこともありますね。

つまり夜泣き中無視しなければいけない時がある、ということ。

そうは言ってもうるさい状態を放置できない場合は犬小屋(ケージ)を防音タイプにするという対策を取ることができるでしょう。

問題はその防音タイプの犬小屋を

自分で作るのか

購入するのか

です(>_<)

僕の結論を先に言うと(今犬を飼っていないから言いたい放題ですけど笑)、

トータルで見てお金があれば購入した方が断然良いかな

というものですね。

犬小屋の防音タイプDIY(手作り)のメリット

犬小屋を自分で防音タイプにするメリットは

購入するよりは費用をある程度抑えられる(かも)

愛着がわく

以上でしょうね。

日ごろからDIYを得意とする人であれば、この方法も選択肢に入れてもいいでしょう。

犬小屋の防音タイプDIY(手作り)のデメリット

デメリットはこれです。

時間と労力がかなりかかる

見た目はあまりよくない

どうしても密閉タイプになってしまう⇨中が見えない・空気が悪くなる⇨防音構造の換気ダクトを用意

とっても安いわけではない(ほぼ購入と変わらないかも)

このデメリットを見ると、DIYに慣れている方でも自作するのは至難の業に思えます(ノД`)シクシク

犬小屋なのに「換気ダクト」とか用意しないといけなくなっちゃう。

相当大がかり。。。

犬小屋の防音タイプを購入するメリット

高いお金を払うだけあってメリットはしっかりしていますね。

しっかり防音(目的達成)

換気抜群(安全)

中が見える構造と材質(犬も飼い主も安心)

見た目もよい

こんな感じ↓

防音犬小屋オーダーメイド購入タイプ

目的を達成しつつ、安全快適に過ごすことができるのは大きな大きなメリットですね。

いくつかサイトを見てみたんですが、購入するなら既製品よりもオーダーメイドの方が良いですね。

どっちも高いですけど、かかる費用はほぼ変わらないので。

うーん、オーダーメイドがいいかな。

⇨オーダーメイドのお店の1例「ORDERMADE KOUBOU」を見てみる

犬小屋の防音タイプを購入するデメリット

これは一つしかないです。

金額が高い(T_T)

しかし、自作(DIY)するのはかなり難しいですし費用的にも変わらないので、

犬小屋を防音にするという方法をとるのであれば、トータルで見たときに購入の方がいいかなあと思いますね、やっぱり。

犬の夜泣き対策グッズを買うか犬小屋の防音タイプをDIY(手作りまたは購入)か まとめ

犬の夜泣き対策は

グッズにするのか

防音犬小屋にするのか(自作か購入か)

どちらが良いのかを見てきましたが、私が現役で犬を飼っているのであれば、

防音犬小屋を購入する

という方法を選ぶかなあ。

もちろんお金があればですがね(>_<)

それにしても試しに覗いた防音犬小屋サイト、なかなかよかった。

⇨防音犬小屋オーダーメイドサイトを見てみる


今回は犬の夜泣きについていろいろ経験を思い出しながら、原因とか対策について調べる経験ができました。

いや~世の中のことにちょっと注目してみると勉強になりますね。

またいろいろ世の中を見つめて、役立ち情報をとりあげます!

ではまたネットサーフィンに戻ります(#^^#)

最後までご覧いただきありがとうございます。